こんにちは、ぺらりんです!

 

今回はプロレスラーの

高山善廣選手について

書いていきます!

 

高山善廣選手は

2017年5月4日の試合中に

頸髄損傷の怪我をされ、

ファンからは心配の声が

多く上がっています。

 

今回は、高山善廣さんの

  • 顔の歪みや右耳がないのはなぜか?
  • 頸髄損傷の現在の容態はどうなのか?

などなど調査していきます。

高山善廣のプロフィール

高山善廣(たかやま・よしひろ)さんは

日本のプロレスラーです。

1966年9月19日生まれの現在50歳です。
(2017年9月4日時点。)

東京都墨田区の出身。

学歴は

東海大学付属相模高等学校を卒業され、

大学は、

東海大学文学部文明学科を卒業されています。

 

個人で運営している事務所、

”高山堂”に所属しており、

俳優業もこなしております。

 

身長は196cm

体重は125kg

 

試合への理解度に加え、

しゃべりの方もユーモアセンスがあり、

会話も面白いことが評価され、

プロレスリング・ノア中継レギュラー解説者

としても活動している。

さらには

ワールドプロレスリングのゲスト解説者

を請け負うなど、評価は非常に高い。

 

趣味は、玩具・フィギュアなどの収集で

大のプラモデル好きとしても知られている。

 

2001年頃に結婚されており、

2007年には息子が生まれています。

名前は同じ”ヨシヒロ(善弘)”だそうな。笑

ちなみに奥さんはモデルで

めちゃくちゃかわいいようです!

 

 

経歴

高校時代はラグビーをしており、

アルバイトは湘南でのライフセーバー。

 

プロレスの入門は20歳の頃で

大学を休学している最中、

第1次UWFの入団テストを受け、合格する。

 

ですが、

ラグビー時代に負傷した肩が悪化したことで

プロレス界から逃げ出してしまいました。

 

その後、ライフセーバーのアルバイト中に

UWFの先輩である宮戸優光に偶然出会い、

個人的にも交友は続けていくことになる。

 

大学を卒業後は営業マンとして

フジサンケイグループで働いていました。

そんな中

プロレスラーになる夢を諦めきれず

悩んでいると、宮戸優光に誘われ

旗揚げまもない頃の

UWFインターナショナルに再入門し、

1992年6月、金原弘光戦でデビューしました!

 

1995年のUWFインターナショナル解散後は

キングダムに所属し、

全日本プロレス参戦も果たします。

1999年には全日本プロレス正式登録選手となりました。

 

当時、大森隆男や浅子覚と結成した

”NO FEAR”で史上初となる

  • 世界タッグ王座
  • アジアタッグ王座

同時制覇を成し遂げる。

 

2000年に全日本プロレスを脱退

三沢光晴らとともに

プロレスリング・ノアを旗揚げする。

 

2001年からはPRIDE参戦

きっかけに再びフリーランスとなる。

現在所属している高山堂も

この頃に立ち上げました!

 

これ以後はノアを中心に、

新日本プロレスを始め多くの団体に参加し

PRIDEなど総合格闘技にも多く参戦してきました。

 

2002年9月7日に自身初のソロタイトルとなる

GHCヘビー級王座を小川良成から奪取。

 

2004年8月から脳梗塞により

長期戦戦の離脱をしていたが、2006年に復帰。

 

活動の休止中はリハビリに加え

タレント活動も行なっていました!

 

2011年には都内に焼き鳥料飯店

「胃袋掴味-ストマックホールド-」を開店。

(2013年に閉店。)

2013年には「鶏湯ラーメン ばふ。」

を武蔵小金井に開店。(2016年に閉店。)

 

2017年5月4日、DDT豊中大会にて

ヤス・ウラノに前方回転エビ固めを

かける際に頭部を強打。

大阪市内の病院に搬送、

頸髄損傷および変形性頚椎症

という診断をされ、手術を受けることとなった。

 

手術は成功するも、現在も入院中である。

 

顔の歪みや右耳がないのはなぜ?

高山善廣選手は

顔が歪んでいたり、右耳がないことが

かなりネット上でも話題になっているようです。

 

なぜそうなってしまったのかを

調査してみました!

 

耳に関しては、

先天性小耳症を患っていたことと

学生時代のライフセーバーの

アルバイト中の事故のせいで

耳がなくなってしまったといわれています。

 

ある種伝説のように語り継がれているのが

「高山選手の右耳は格闘人生の中で溶けてなくなってしまいました。柔道やレスリングをやっている人はだいたい溶けます。」

という逸話ですが、

さすがにこれは嘘ですね!w

伝説的には面白いですが。笑

 

顔の歪みに関しては、

もはや職業病と呼ぶしかないでしょう。

いかにハードな試合を

くぐり抜けてきたかが伝わってきますね。

スポンサーリンク


頸髄損傷の現在の容態は?

5月4日の試合で

頸髄損傷および変形性頸椎症

重傷を負い、

その後病院で手術をしました。

現在の容態はどうなのか?

調査したところ、

 

現在は診断名が

頸髄完全損傷

とされ、意識はあるものの

首から下が全く動かない状態のようです。

 

医師の診断では

「回復の見込みはない」

とされていますが、本人は

「希望を持ってリハビリを続けていく」

としており、

 

現在では高山善廣選手を支援する動きが

DDTの高木三四郎社長中心の元、

各団体で取り組まれており、

募金箱の設置や、グッズ販売、

高山選手プロデュースの興行の開催が

決定されています。

 

利益はすべて高山善廣選手の

治療費に充てられるということで

募金の募集も行なっています。

 

まとめ

プロレスラーの高山善廣選手

に注目してきました。

 

幾度となく故障から復帰し、

その度に観客を沸かせてきた

高山選手ですから

またきっと我々の目の前に現れてくれることでしょう!

 

本当にそればかりを願います!

スポンサーリンク