こんにちは、ぺらりんです!

 

今回は、前回の記事でも取り上げた

永拓実さんについて

もう少し深掘りしていきます!

 

前回の記事はこちら!!

永拓実のwiki風プロフィール!出身高校に母親や兄を調査!

今回は

  • 永拓実さんはなぜ作家に?
  • 『大遺言』の内容は?
  • 『大遺言』の評判や口コミは?

などなど調査していきます!

スポンサーリンク


永拓実はなぜ作家に?

永拓実さんが、作家を目指したきっかけ。

つまりは今回『大遺言』の執筆に

至ったきっかけを調査してみました!

 

永拓実さんは、

世間では「昭和を代表する偉人

と呼ばれる永六輔さんが

亡くなる2年前頃から、

何らかの”学び”や”教え”を得るため

永六輔さんの元に日々足しげく通ったそうです。

 

しかしそこでの会話の中では

何気ないことや、豆知識ばかりが

披露されるだけで永拓実さんは

「なにがすごいんだろう?」

と世間からの評判ほど

すごい人だとは思えなかったそうです。

 

しかし、永六輔さんが亡くなり

その後開かれた”お別れ会”で、

大きくその認識が変わることとなります。

 

参列者の中に1人の女性がいて、

その方が永六輔さんに

人生を救われたそうなんです!

 

というのも、

自殺を考え富士山麓に

入っていたその女性は、

ラジオで永六輔さんの明るい声を

聞いただけで、自殺を思いとどまった

そうなんです!

 

しかもその後出したハガキにも

永六輔さんからすぐに返事が届き、

以後、永六輔さんのラジオを楽しみに

いきてきたそうです。

 

そのエピソードを聞いた永拓実さんは

「祖父はやはりすごい人だった」

「しかも人の命を救うほどに・・・」

と感じ、

「もっと祖父のことを知りたい!知らなければ!」

と思ったそうです。

 

それが今回の執筆に至ったきっかけだそうです!

『大遺言』の内容は?

『大遺言』の内容は、

永拓実さんが、祖父・永六輔さんの

著書100冊あまりを読み、

直接会話した内容、

永六輔さんの知人友人約30人から聞いた

エピソードから得た

永六輔の残した言葉たちを

まとめたものが今回の『大遺言』となります。

 

 

友人知人には、

  • 黒柳徹子
  • 久米宏
  • タモリ
  • ピーコ
  • さだまさし
  • 清水ミチコ

など多くの著名人が名前を連ねています。

  • かっこいい
  • 怖い
  • 優しい
  • 博識

などなど各人が語る

永六輔の人物像は様々でした。

 

そんな永六輔さんが

残された言葉のいくつかを紹介します。

 

「人の死は一度だけではありません。
最初の死は、医学的に死亡診断書を書かれたとき。
でも、死者を覚えている人がいる限り、その人の心の中で生き続けている。
最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。
そう僕は思っています。」

 

「どうして謝るの。知らないのは恥じゃない。知っている振りをするのが恥だよ」

 

「何もないということは、何でもやれるということだ」

 

などなどが『大遺言』にも

収録されています。

 

さらに永拓実さんの

それぞれの残された言葉に対する

解釈や、

 

著名人たちとのエピソードが

綴られています!

スポンサーリンク


『大遺言』の評判や口コミは?

『大遺言』に対しての

評判や口コミを紹介していきますね!

 

まずは、著者の永拓実さん自身が

世間に向けたメッセージを紹介します。

人生に活力を与えるようなメッセージが盛り込まれている。
自分と同世代の人たちにも読んでほしい。

と語っています。

現在、20歳の永拓実さんが

生身で感じ取ったことは

同じ時を生きる同世代にも響くと

確信しているんでしょうね!

 

それでは読者の反響をまとめていきます!

 

一読して購入した自分を褒めてしまいました。グッジョブ、俺。
『大遺言』は、まさに永六輔さんの残した言葉でできた著作ではありますが、ひょっとすると、永拓実という才能こそが永六輔さんの残した作品なのかもしれません。

 

とても読みやすい本です。永さんらしい名言がたくさん入っていて、前向きな気持ちになれます。
20歳の孫が、亡くなった祖父について親しかった人たちに話を聞きに行き、祖父が残した言葉から、若いなりに何かをつかもうとしています。
永さんのファンは比較的年齢層が高いと思いますが、著者は自分と同じ世代の若い人にも、祖父・永六輔の考えていたことや言葉を読んでほしいと言っていて、その心意気がいいですね。
永さんは『お話し供養』という本の中で、人は医学的に死を迎えても、その人のことを覚えていてその人のことを話題にする人がいる限り生き続ける、と書いていますが、まさにお孫さんがそれを実践しているところに胸が熱くなりました。

 

最近、あまり良くない事が続く友人にプレゼントしました。とても励みになる言葉で、頑張れるよと言ってくれました。

 

評判や口コミは上々のようですね!

 

実際に

Amazonのベストセラーランキングで

8月27日にはランキング1位を

獲得するほどの売れ行きです。

 

この機に永六輔さんの言葉や

永拓実さんが感じたことに

触れて見るのもいかがですか?

 

まとめ

”昭和を代表する偉人”永六輔さんの孫の

永拓実さんが書いた『大遺言』に

ついてまとめてみました!

 

気になる方はぜひ読んでみてください☆

永拓実さんのプロフィールなども

まとめていますのでこちらもぜひ!

永拓実のwiki風プロフィール!出身高校に母親や兄を調査!

スポンサーリンク