こんにちは、ぺらりんです。

アニメ『おおかみこどもの雨と雪』のコミカライズを担当した漫画家の”優”さんが先日、2017年7月1日に急性心不全で亡くなりました。

『おおかみこどもの雨と雪』は細田守監督原作のアニメで、僕も非常に好きな作品だったので残念です。

 

そこで、この記事では優さんの経歴や過去作品など、優さんがどんな方だったのかを紹介します。

構想中の新作があったようですがその新作はどうなるのか、また持病があったようですがどんな病気だったのか、旦那さんの職業はなんだったのかなども調べてみました。

スポンサーリンク


優のプロフィール・経歴

優さんは愛媛県出身、東京都在住の漫画家で代表作品には『おおかみこどもの雨と雪』のコミカライズ本が挙げられます。

生年月日は生まれ年を公表していないので、年齢はわかりませんが、10月18日生まれです。

残念ながら、先日2017年7月1日に急性心不全により亡くなってしまいました。

2017年9月24日23時頃に旦那さんが優さんの公式ツイッターアカウントで訃報を伝えました。

その全文を載せておきます。

 

初めまして。優の旦那です。 大切なご報告があり、優のアカウントで呟いております。 妻の優ですが、病気療養中のところ、2017年7月1日に急性心不全により急逝いたしました。 本来であれば、早速お伝えするところ、あまりにも突然のことで悲しみ深くご連絡が遅くなりお詫び申し上げます。
5月末頃より体調を崩しておりましたが、徐々に回復傾向にあった最中のことでした。 持病に直接的な関係はなく、突発的なことでした。 小さい頃から絵を描くことが大好きで、ずっと絵を描いているような子供時代だったと優のご両親から伺っています。
2012年に「おおかみこどもの雨と雪」を描かせてもらえ、念願であった漫画家になることができました。 そこからオリジナル作品である「五時間目の戦争」を描くにまで至りました。 漫画を描くことは辛い部分もあったようですが、ずっとやりたかったことができ、楽しい日々だったと感じています。
最近は忙しく、体調も崩しがちだったため、同人イベントにあまり参加することはできていませんでしたが、参加してファンの方々と直接お話することを 楽しみにしておりました。 みなさんとお話することで勇気をもらい、描く活力になっていたようです。
ずっと夢であった漫画家になれ、ファンの方々や仕事を共にした人々に支えられ、とても幸せな人生だったと思います。 ただ、新作の構想をしている最中で、このようなことになり、優本人は悲しく思っていると思います。
多くの人の目にとまるような作品を作りたいと意気込んでいたので、悔しがっているはずです。 悔やんでも悔やみきれません。
今まで皆様のおかげで夢を叶えることができ、様々な作品を作り上げることができました。 本当ににありがとうございます。 これからも優と優の作品のことをよろしくお願いいたします。

 

優の過去作品・新作

優の過去作品や新作について紹介します。

過去作品

連載作品

・『おおかみこどもの雨と雪』ヤングエース(2012年5月号〜2013年9月号/全3巻)
・『五時間目の戦争』ヤングエース(2014年6月号〜2017年3月号/全4巻)
・『やわらかモラトリアム』まんがタイムきららキャラット(2015年9月号 – 10月号/休載中)

 

読み切り作品

・『指先』季刊エス2010年4月号
・『present』パンドラvol.2 side-B
・『おかえりなさい。』季刊GELATIN2010なつ
・『さよなら、またね。』季刊GELATIN2010あき
・『猫の日』季刊GELATIN2011ふゆ
・『はるのはな』季刊GELATIN2011はる
・『なつのいと』なつひめ2011SUMMER
・『なくしたことば』ゆきひめ2012WINTER
・『愛は遅れてやってくる』アオハルbitter

 

新作

新作については、持病のため地元・愛媛県で療養している期間中に構想していたそうですが、内容についての情報は一切ありませんでした。

作者が亡くなってしまった場合の新作や、連載中の作品に対しての扱いは様々あります。

『ドラえもん』や『おそ松さん』などのように二次創作的に続投される場合もありますが、今回はあまりそれを期待できないでしょう。

お蔵入りになってしまうのは非常に残念ですので、何か優さんが残された資料をもとに優さんと親交があった漫画家や、優さんが尊敬していたなどゆかりのある漫画家の方が作品にしてくれるのを期待します。

スポンサーリンク


優の病気について

優さんは、以前から「うつ病」を患っていました。

しかし、治療の結果、病状は徐々に良くなっていっていたそうです。「今回亡くなった原因には直接の関係はありません」と旦那さんからも報告があります。

ただ、今回亡くなってしまった原因の「急性心不全」はストレスや薬などの過剰投与によっても引き起こされるようなので、持病自体が関係なくても治療のための投薬や不安が引き金になってしまった可能性はあります。

 

優の旦那の職業

優さんの旦那さんの職業について調べてみました。

ですが、今回の報告でメディアへの登場は初めてでした。全くの情報がない状況です。

 

優さんのツイッターをみてみますと、

という投稿がありました。

今回の報告の文面を見ても、この投稿をみても、奥さん思いのとても優しい旦那さんだったことが伺えますね。

 

まとめ

漫画家の優さんについて紹介してきましたが、今回の訃報は非常に悲しく残念です。

個人的にももっと優さんの作品を読みたかったというのが素直な感想です。

ご冥福を祈りつつ、優さんの作品をこれからも大切にしていければと思います。

スポンサーリンク