こんにちは、ぺらりんです。

 

残念なお知らせが入ってきました。

BABYMETALのバックバンドで

ギターを担当していた藤岡幹大さんが

先日亡くなっていたという訃報です。

 

僕自身ベビメタは大好きでしたし

非常に残念ですが、

今回は追悼の意も込めて藤岡幹大さんが

どんな人だったかを紹介します。

 

使用ギターや機材はどんなものを使っていたか。

結婚した嫁や子供について。

またギタリストとしてピッキングがすごいと評判だったのでそちらも。

藤岡幹大のプロフィール

プロフィール

藤岡幹大(ふじおか・みきお)
・生年月日:1981年1月19日
・死没:2018年1月5日(享年36歳)
・出身地:兵庫県
・現住所:神奈川県
・血液型:O型
・身長:158cm
・学歴:MI JAPAN大阪校
・趣味:お酒(スーパードライ)

経歴

高校卒業後、MI JAPAN大阪校に入学。在学時にMI JAPAN・YOUNG GUITAR主催のGIT MASTERS 2000に入賞したことがきっかけで、卒業後の2001年から同校の講師となる。2002年より同校のGIT-DX科で教鞭を執る。2005年からは東京に拠点を移し、MI JAPAN東京校に講師として就任。

2007年にアルバム『TRICK DISC』でデビュー。その後、rain bookなどでセッションミュージシャンとしての活動も開始する。2013年からはBABYMETALのサポートギタリストを担当(ポジションはパートナー次第で変わり、Ledaの場合は上手側、大村孝佳の場合は下手側に入る)。

2015年11月30日高円寺show boatでのセッションバンドが発展し、bass BOH、drum 前田遊野とともに 仮バンド を結成。2度のライブパフォーマンスを経て1stミニアルバムを3日でレコーディングし2017年4月26日に発売する。

(wikipediaより抜粋)

 

 

ギタリストの藤岡幹大さんです。

2017年12月30日に天体観測に行った先の

高台から落下し、

その療養中2018年1月5日に容体が急変。

そのまま亡くなってしまったそうです。

 

正確な死因などは

公式の発表を待つ形になりますが、

非常に残念でなりません。

 

まずは藤岡幹大さんの人物像について紹介します。

 

趣味はお酒とのことですが、

以前藤岡幹大さんが運営していたブログの

プロフィール欄には

・お酒-スーパードライ
・お酒-スーパードライ
・お酒-スーパードライ

と大事なことなので2回!

いや、3回いいました!

という感じで「お酒-スーパードライ」と

書いているほどのビール好きでした。

中でもアサヒスッパーードラアアアイ!!!!

が好きだったようですね。笑

 

ギタリストとして音楽家としての

バックグラウンドになるであろう

好きなバンドやミュージシャンは

邦楽
・泉谷 しげる
・クラムボン
・THE TIMERS
・くるり
・奥田民生

洋楽
・King Crimson
・Pat Metheny
・Prince
・BBA
・ビョーク

ギターリスト
・Jeff Beck

アルバム
・Punk Jazz(Jaco Pastorius) 
・メダラ(ビョーク)

だといいます。

また他にもフェイバリットにあげているものだと

・DVD:狂気(PINK FLOYD)
・本:AMANITA PANTHERINA(中島 らも)
・アニメ:DRAGON BALL
・TV:水曜どうでしょう
・映像:ラーメンズ(お笑い)
・画家-Salvador Dali

があります。

 

カラオケも好きだったようで、

よく歌うのは

・This Love(PANTERA)
・オリビアを聴きながら(杏里)

でした。

 

そんな藤岡幹大さんは自分の性格を

天邪鬼

だと語っています。

 

使用ギターや機材

使用ギター

藤岡幹大さんはギターメーカーであるESPと契約していました。

またESPから4本の藤岡幹大モデルのギターを作っています。

今回はその4本を紹介します。

(ギターに対してのコメントがある場合はそちらも紹介しています。)

ESP SNAPPER Fujioka Custom

僕がこのギターに求めたことは、スナッパー本来のオーガニックな部分と、様々なジャンルに対応できる幅の広さ。特に、各ピックアップのチョイスと配列が最高(自画自賛)
ハムバッキングでは程よい荒々しさを表現し、シングルコイルではクセの無い完璧なシングルコイルの音までオールマイティーに対応できる配列になっている。

スイッチング1発でフロントのシングルコイル・モードに切り替えられるのは、7弦モデル同様、僕には必須のアイテム。また、ESPフリッカーブリッジとロックペグを併用したことで、チューニングの狂いが少なくスムーズなアーミングが可能です。

ESP SNAPPER-7 Fujioka Custom

僕がギターに求めることは、仕事で問題無く使えること。「問題無く使える」と言うのは、ピッチが良くてネックが丈夫で環境に左右されない。特に、フロイドローズだと起こりがちなローポジションでのピッチの甘さがこのギターは完璧。僕にとっての理想的なギター。

EDWARDS E-SN-190MF

 

EDWARDS E-SN7-194MF

 

 

主にオレンジ色のボディを気に入っていたみたいですね〜

確かに、藤岡幹大さんといえばオレンジ色のギターですね!

トレードマークというかイメージカラーですね!

 

 

使用機材

使用機材について、

本人のツイッターに

いろいろ画像がありましたので紹介します!

 

まずは足元です!

またアンプはKemperというシミュレーションアンプを使っているようです。

デジタルで実機のアンプを模倣する

ギターアンプ・シミュレータ機能が搭載されているようです。

所定の方法で

繋いだアンプをプロファイリングして、

自分の音として再現できてしまうという

反則技とでもいうような機能のある

スーパー機材なんです。笑

 

プロファイリングするときはこんな風に

たくさんのアンプが並ぶんだそうですw

圧巻ですね!

 

またアコギをひくとき用の足元はこちら!

ちなみに

アコギで弾き語りしている藤岡幹大さんです♪

 

ピッキングがすごい!

藤岡幹大さんといえば

BABYMETALでも披露されているように

ピッキング技術がすごいんです!

 

早引きしているときに

親指がくねくねするところから

「くねくねピッキング」

と呼ばれているみたいです。

そのまんまかい!w

YouTubeに藤岡幹大さんのピッキングを

紹介している動画があったので載せておきます^^

速い・・・速すぎる・・・・・

親指くねくねっていうかどうなってんの?!w

 

もっと手元がアップになっている

紹介動画があったのでこちらもどうぞ!

ありがた本人解説つき!!!

ドラえもんとか弾いちゃってますけどw

超速でwww

まさに神の領域ですねwww

 

BABYMETALのバックバンドである

神バンドの演奏も載せておきます!

 

やっぱり超かっこいい。。。

ほんとすごい。

それだけに本当に悔やまれますね。

スポンサーリンク


嫁や子供について

嫁や子供についても紹介します。

まずは嫁について。

訃報について報告したのは嫁でした。

 

悲しさが伝わってきます。

一生、藤岡神のことは忘れるわけがない。

 

藤岡幹大さんは嫁のことを

”嫁岡”とオフィシャルでは読んでいました。

秋田出身なんですね。

きっと色白の秋田美人なんでしょうね!

だって娘さんたち超可愛いんだもん。

 

二人の娘さんがいるようですね。

超可愛いですし、藤岡幹大さんの

娘さんたちへの愛が伝わってきますね。

 

ほんと何につけても悲しすぎる。

他にも嫁さんについてのツイートがたくさんありました。

おちゃめでアイス好きでイラストも上手で。

素敵な奥さんですね〜

 

こども愛、嫁さん愛にあふれていた

藤岡幹大さんでした。

 

まとめ

悲しすぎるお知らせでした。

藤岡幹大さんの伝説は永遠に語り継がれるでしょう。

この記事で少しでも多くの人が藤岡幹大という

ギタリストを知ってもらえると幸いです。

 

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク