こんにちは、ぺらりんです。

 

元マラソンの世界選手権代表選手の原裕美子さんが逮捕されたようです。

罪状は万引き、窃盗ですね。

原裕美子さんは2017年8月にも窃盗の容疑で逮捕され、2017年11月には懲役1年・執行猶予3年の判決を受けています。

 

今回は執行猶予中の犯行、そして逮捕ということで”クレプトマニア”という病気なのではないかと疑惑が上がっています。

あまり聞きなれない単語ということで”クレプトマニア”とはどんな病気なのかも紹介します。

 

また原裕美子さんのプロフィールや旦那との破断理由も気になったので調べてみました!

 

原裕美子のプロフィール・経歴

プロフィール

原裕美子(はら・ゆみこ)

生年月日:1982年1月9日(36歳)
(2018年3月時点)
出身地:栃木県足利市
身長/体重:163センチ/43キロ
学歴:足利市立山辺中学校 卒
宇都宮文星女子高等学校 卒
所属:京セラ(2000〜2009年3月)
ユニバーサルエンターテインメント(2010年1月〜2013年3月)

窃盗事件の内容

今回、執行猶予中2度目の逮捕となった原裕美子さん。

1度目の逮捕は2017年7月30日、地元栃木県足利しないのコンビニ店で化粧品など約2600円を万引き。
同年8月17日に栃木県足利警察署に、窃盗の疑いで逮捕された。防犯カメラの映像から犯行の特定となりました。

同年11月8日、宇都宮地裁足利市部にて行われた初公判では即日結審。懲役1年執行猶予3年の判決が言い渡されました。

この判決は初公判中に明らかとなった摂食障害を患っている背景と、被害者側との示談が成立している弁護側の意見を尊重してのものだった。

摂食障害は、いわゆる拒食症や過食症などの総称で多くの場合は精神疾患なんだそう。

精神疾患からくる犯罪とのことで執行猶予がついたのでしょうね。

 

2度目の逮捕となった今回は、2018年3月2日付で前橋地検太田支部により窃盗罪として起訴された。
群馬県太田市内のスーパーでキャンディー1袋など3点の合計382円を盗んだ模様。
スーパー店員に取り押さえられ現行犯逮捕となったものの「店を出る前に商品を戻すつもりだった」と容疑を否認している。

 

2度の犯行を合わせてもたかだか3000円程度の万引きで人生を棒に振ってしまうのは勿体無いなーと思います、、。

引退後のマラソン選手はなかなか食べていくのが大変なようで、生活苦からこのような犯行に及んだとする意見が多いようです。

ですが、この状況に対してネット上では「”クレプトマニア”じゃないか」との声も多くみられます。

クレプトマニアについては、別項で紹介します!

経歴

高校を卒業後、京セラに入社。

2005年3月名古屋国際女子マラソンに出場。マラソン初出場にして初優勝の快挙を成し遂げる。

この成績が評価され、世界陸上ヘルシンキ大会女子マラソンの代表に即内定する。

2005年8月世界陸上ヘルシンキ大会で、メダル獲得とはならなかったものの日本女子トップの6位で入賞。ゴールタイムは名古屋国際女子マラソン時のわずか1秒遅れだった。団体では銀メダルを獲得するなどの好成績を残しました。

 

その後、三箇所の疲労骨折を足に負うなど故障に悩まされるが、2007年1月大阪国際女子マラソンでは1年半ぶりのマラソン大会出場で、再び優勝。自身2度目の優勝となり、2大会連続での世界陸上代表選手に選ばれた。

2007年9月の世界陸上大阪大会女子マラソンでは、途中アクシデントによる脱落もあり18位でゴール。2大会連続での入賞とはならなかった。団体では銅メダルを獲得。

 

北京五輪の選考会でもあった2008年1月大阪国際女子マラソンは、レース2日前の急性胃腸炎が原因でレース自体の出場も取りやめられた。

 

最終選考レースでもあった2008年3月名古屋国際女子マラソンで北京五輪代表を狙ったが結果は4位。奇しくも代表選考から漏れてしまう。

世界陸上ベルリン大会女子マラソン国内選考レースの2009年1月大阪国際女子マラソンも3位にとどまり、3大会連続での出場を逃す。

 

2009年3月には京セラを退社。地元栃木へ帰郷し、2012年ロンドン五輪を目指して単独での練習を続けた。

2010年1月ユニバーサルエンターテインメントに移籍し、2010年8月北海道マラソンでは優勝し、見事復活を遂げる。

翌年2011年2連覇を狙う北海道マラソンでは、足の痛みにより途中棄権。

2013年3月、坐骨神経痛や足の故障などの理由によりユニバーサルエンターテインメントを退社。

 

 

 

以後、各地大会でゲストランナーを務めたり、市民ランナーのコーチを務めていたという。

成績

・2002年:世界ハーフマラソン選手権 日本代表(棄権)
・2003年:札幌国際ハーフマラソン 2位、世界ハーフマラソン選手権 日本代表(19位)
・2004年:全日本実業団女子駅伝 5区区間賞
・2005年:唐津10マイルロードレース大会 2位
名古屋国際女子マラソン 2時間24分19秒 優勝
世界陸上ヘルシンキ大会女子マラソン 2時間24分20秒 6位(日本人1位)
・2007年:大阪国際女子マラソン 2時間23分48秒 優勝
世界陸上大阪大会女子マラソン 2時間36分40秒 18位
・2008年:名古屋国際女子マラソン 2時間27分14秒 4位
・2009年:大阪国際女子マラソン 2時間26分57秒 3位
・2010年:北海道マラソン 2時間34分12秒 優勝
・2011年:北海道マラソン 途中棄権
・2012年:東京マラソン2012 2時間44分52秒 19位
・2012年:大阪マラソン2012 2時間44分24秒 5位
・2013年:横浜国際女子マラソン 2時間47分00秒 12位
・2014年:大阪国際女子マラソン 2時間49分29秒 22位

参照:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E8%A3%95%E7%BE%8E%E5%AD%90)

 

 

旦那との破断理由は?

原裕美子さんについて検索すると、

・旦那
・結婚
・破断

などのワードが出てきます。

ちょっと気になったので調査してみました!

 

どうやら原裕美子さんは現役引退後、一般男性と婚約していました。

当時勤めていた足利市の財団法人も結婚を理由に退職しています。

2016年秋には結婚式まで上げていたようです!

 

なのに、破断。一体何があったんでしょう?

 

結婚式を挙げた段階では入籍しておらず、しかも一緒に暮らし生活を共にしてすらいなかったようです。

 

かなり異常ですよね〜。

もしかして騙されていたんじゃないでしょうか?

結婚詐欺みたいな。

 

この件について、原裕美子さんの父親は

「本人とは接触できていない。連絡も取れないのでどうなっているのかわからない。何でこんなことになってしまったのか、、なんで、、。」

このように語っていたそうです。

 

本当に騙されたみたいな話ですよね。

 

また原裕美子さんもお世話になったユニバーサルエンターテインメント代表の小出義雄は

「体を壊していて出席はできなかったけれど、招待状は届いていた。20代30代の女性にとって結婚を考えていた男性との破断は、相当なショックを受けたんじゃないか。彼女は何事にも真剣で真面目だったからなおさらショックも大きくストレスも半端なものではなかったかでは。」

と語っています。

 

この破断が万引きへ走らせてしまったのかもしれませんね。。。

スポンサーリンク


クレプトマニアってどんな病気?

今回2度目の逮捕で噂されているのは

原裕美子さんは”クレプトマニア”なのではないか?

ということです。

実際のところ本当にそうなのかは未だ判明しておりませんが、一体どんな行基なのかを紹介しますね。

 

クレプトマニアとは、窃盗症のことです。

 

wikipediaによると

窃盗症(せっとうしょう)とは、クレプトマニア (kleptomania) の訳語であり、経済的利得を得るなど一見して他人に理解できる理由ではなく、窃盗自体の衝動により、反復的に実行してしまう症状で、精神障害の一種である。病的窃盗ともいう。

これは、その衝動により窃盗行為の実行時に緊張感を味わい、成功時に開放感・満足感を得る。窃盗の対象物や窃盗の結果に対しては関心がなく、一般にはほとんど価値がないものである場合も多い。盗品は、廃棄・未使用のまま隠匿・他人への譲渡のほか、まれに現場へ返却される場合もある。いわゆる「利益のための窃盗」ではなく「窃盗のための窃盗」といわれており、衝動制御障害に含まれる。

と説明されています。

 

万引きのスリルや開放感を求めての犯行ということのようですね。

1度目の逮捕時には、摂食障害を患っていました。

これは現役時代の影響が大きな原因と言われていますが、実際に破断も大きな原因といえるでしょう。

さらには1度目の逮捕によって、当時スポーツ用品メーカーとの契約で独自のサポーターを監修して発売間近だったというが、それも結局は見送られたようです。

 

今回2度目の犯行は、この件にも責任を感じ精神的に追い詰められていたのも関係していたように思われます。

ユニバーサルエンターテインメントの小出氏もいうように真面目な性格だったようですし、ストレスを人一倍溜め込みやすかったのかもしれませんね。

 

さらには、今回の逮捕時に「商品は戻すつもりだった」と供述していることから、クレプトマニアの可能性はかなりありそうですね。

 

どちらにせよ、真相は今後明らかになっていくでしょうが、ほぼ間違い無いと思われます。

 

まとめ

元マラソン選手で世界陸上にも2大会連続するなどかなりの活躍を納めてきた原裕美子選手。

今回2度目の逮捕で精神疾患が噂されていますから、しっかりと治療をして更正してほしいものです。

 

しかしたかだが数千円で、人生棒に振っちゃうなんて勿体無いし恐ろしいですね。

僕はこんな風にはならないようにしたいです。笑

 

最後までありがとうございます♪

スポンサーリンク