こんにちは、ぺらりんです!

日本スペイン外交関係樹立150周年記念として、現在東京上野にある国立西洋美術館では「プラド美術館展」が開催されています。

ということで今回は、プラド美術館展の概要と混雑状況や限定グッズについてまとめていきます!

 

プラド美術館展の概要

日本スペイン外交関係樹立150周年記念
「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」

会期

2018年2月24日(土)~2018年5月27日(日)

開館時間

午前9時30分~午後5時30分(火〜木曜日・日曜日)
午前9時30分~午後8時(金曜日・土曜日)
*入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日(ただし、3月26日(月)と4月30日(月)は開館)

観覧料金

[当日]一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
[団体]一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
*前売り券の販売は終了
*団体料金は20名以上。
*中学生以下は無料。
*心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。

関連書籍

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

説明

マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された、世界屈指の美の殿堂です。本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。

17世紀のスペインは、ベラスケスをはじめリベーラ、スルバランやムリーリョなどの大画家を輩出しました。彼らの芸術をはぐくんだ重要な一因に、歴代スペイン国王がみな絵画を愛好し収集したことが挙げられます。国王フェリペ4世の庇護を受け、王室コレクションのティツィアーノやルーベンスの傑作群から触発を受けて大成した宮廷画家ベラスケスは、スペインにおいて絵画芸術が到達し得た究極の栄光を具現した存在でした。本展はそのフェリペ4世の宮廷を中心に、17世紀スペインの国際的なアートシーンを再現し、幅広いプラド美術館のコレクションの魅力をたっぷりとご覧いただきます。

会期中のイベント
講演会・シンポジウム

2018年3月17日(土)14:00~15:30
大髙保二郎(早稲田大学名誉教授)
「宮廷画家ベラスケスの挑戦と革命―ボデゴンと肖像から物語絵へ」

2018年4月7日(土)14:00~15:30
川瀬佑介(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)
「ベラスケスとスペインの風景」

2018年4月14日(土)14:00~15:30
宮崎和夫(筑波大学准教授)
「スペイン系ハプスブルク家の宮廷:その史的概論」

2018年5月12日(土)14:00~15:30
松原典子(上智大学教授)
「17世紀スペインの美術理論と画家の社会的地位」

ギャラリートーク・スライドトーク

・2018年3月9日(金)、3月23日(金)、4月20日(金)、5月11日(金)

開催時間:各回18:00~(約30分)

解説者:坂本龍太(早稲田大学大学院)

参加方法

会場:国立西洋美術館講堂(地下2階)

定員:各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要。)

[講演会・シンポジウム]
当日12:00から館内インフォメーションにて聴講券を配付。
(観覧券一枚につき聴講券一枚)
*会場へは開演の30分前から整理番号順で入場可。

[ギャラリートーク・スライドトーク]
直接講堂へ。
*会場へは各日とも開演の30分前から入場可。

 

混雑状況は?

混雑状況についてネットユーザーの声を集めるなどまとめてみました!

 

現在の声

今回の開催中のユーザーの声です!

 

 

人気の割にはさほど混んでるような感じはしないという声が多いように思えます。

 

ただし内容が内容で盛りだくさんなので、時間に余裕を持っていかないと一度では十分に見切れずタイムアップということがあるようですね!

また金曜日・土曜日の夜は混雑が予想されるので、空いているのがお好きな方は平日の昼間を狙っていくといいでしょう!

 

過去開催時の声

以前開催された時は、東京は千代田区丸の内にある三菱一号美術館で開催されていたので人気と建物の広さがマッチしておらず非常に混んでいるように感じられたのでしょう!

最終日などは案の定かなりの混雑具合だったようです。

 

まとめ

今回プラド美術展が開催されている国立西洋美術館は、前回の三菱一号美術館よりも約3倍の広さがあるので来館されている人数の割には、さほど混雑しているという感じはしないようです。

ただ、出店数や建物の広さを考えると時間に余裕を持ってみにいくのが良いでしょう!
展覧所要時間は60分とされていますが、とても60分ではみられないという声が多いです。
時間切れにならないように気をつけましょう!

また講演会やトークイベントがある日程では混雑が予想されるので、あらかじめチェックしておきましょう!

スポンサーリンク


オリジナルグッズまとめ!

プラド美術館展のオリジナルグッズについてまとめていきます。

公式ホームページ現在公開されているグッズは、

・公式プレゼンター及川光博さんによる音声ガイド(35分)/550円(税込)

作品の見どころやストーリー、時代背景から画家にまつわるエピソードまで、分かりやすく紐解きます。出品される7 点のベラスケス作品はもれなく解説!

 

・公式図録/2700円(税込)

出品全作品の画像と作品・作家解説に加え、本展監修の川瀬佑介・国立西洋美術館主任研究員ほかによるテキスト4本を収録。さらに、プラド美術館が所蔵するベラスケスの油彩作品一覧も掲載。

 

・ミニ図録/1300円(税込)

出品全作品の画像と主要作品の解説を収録し、展覧会のエッセンスがぎゅっと詰まった一冊です。

 

これらのグッズ以外にもまだまだグッズはあるようですが、
今の所公式ホームページではカミングスーーーーン…..状態なのでユーザーの声を集めて見ます!

 

 

ワッペンキーホルダーのデザインが非常によいとの声が一番多く見られました!

確かにどれもオシャレでかわいくて素敵ですね!

 

こちらはクリアファイルですね!

 

トートバッグTシャツももちろんあります!

ワイン生ハムなど食べ物もあるみたいですね!

家に帰ってから美術館を思い出しながら味わうのもなかなか乙ですよね〜

 

 

ポストカードはやはり定番で外せませんね!

 

 


過去開催の時はグッズの売り切れもあったようなので、欲しいグッズは先に目星をつけておくといいですね!

 

さいごに。

現在、国立西洋美術館で開催されている「プラド美術館展」の混雑状況やグッズについてまとめてきました。

前回よりも会場が広く混雑状況に関しては、あまり窮屈に感じないようですが、建物が広く出店数も多いので、時間に余裕を持って見にいくことをお勧めします!

またグッズも公式では発表されていないものも紹介しましたので、ぜひ改めてチェックしてから足を運んで見てください♪

 

最後までありがとうございます☆

スポンサーリンク