こんにちは、ぺらりんです。

 

本日3月8日に、将棋の藤井聡太6段とその師匠である杉本昌隆7段の公式戦初となる対決が行われています。

藤井聡太6段は皆さんご存知ですね^^

今回は、師匠の杉本昌隆7段について紹介していきます!

成績や学歴などプロフィールを始め、結婚して家族はいるのか?藤井聡太6段以外の門下生は誰なのか?気になったので調査してみました!

また、杉本昌隆7段についてネットで調べると「不戦敗」のワードが出てきますがどんなエピソードや理由があってこのように出てくるのかも気になったので深掘りしました!

 

ということでこの記事では、杉本昌隆7段の

・成績や学歴などのプロフィール
・家族や門下生は誰?
・不戦敗のエピソードや理由は?

についてまとめていきます!

 

杉本昌隆7段のプロフィール!成績や学歴は?

プロフィール

杉本昌隆(すぎもと・まさたか)

生年月日:1968年11月13日/49歳
(2018年3月時点。)
出身地:愛知県名古屋市
師匠:板谷進9段(故)
段位:7段
プロ入り:1990年10月1日/21歳
役職:日本将棋連盟非常勤理事(2012年6月〜)

 

成績

昇段歴

1980年10月:6級奨励会入会
1985年2月:初段
1990年10月1日:四段(プロ入り)
1995年12月6日:五段(勝数規定)
2000年7月11日:六段(勝数規定)
2006年2月10日:七段(勝数規定)

在籍クラス

現在は、
竜王戦が第31期(2017年冬〜2018年秋)
順位戦が第76期(2017年度)

・竜王戦
現在:2組(第31期)
最高:1組(18〜24期および26期、8期間)

・順位戦
現在:C級1組
最高:B級1組(第76期/2008年度)

(参照:wikipedia-将棋棋士の在籍クラス)

戦歴(棋歴)

・第48回(1998年度)NHK杯テレビ将棋トーナメント
ベスト4。準決勝で堀口一史座に敗れる。

・第20回(2001年度)朝日オープン将棋選手権
準優勝。決勝五番勝負で堀口一史座に1勝3敗で敗れる。

・第16期(2003年度)竜王戦
3組優勝

・第17期(2004年度)竜王戦
2組準優勝。2年連続昇級で1組へ上り詰めた。

・2007年9月7日、通算400勝達成。

・第76期(2008年度)順位戦B級1組
→当時トップタイの成績(8勝4敗)を挙げるも、順位が下位のためA級昇級を逃した。

・第74期(2015年度)順位戦B級2組
→3勝7敗。降級点2となりC級1組へ降級。

なおタイトル挑戦、棋戦優勝、将棋大賞受賞歴の経歴はなし。

(参照:wikipedia-杉本昌隆)

学歴

学歴に関しては公表されていませんでしたし、主だった情報はありませんでした。

そもそも将棋界において学歴は全く重要視されていません。というか無意味に等しいのです。

非常に話題になった藤井聡太6段は14歳でプロ入りしていますし、現在竜王位にあり国民栄誉賞を受けている羽生善治竜王ですら通信制高校が最終学歴です。

 

まず将棋の棋士になるためには、小・中学生の頃に奨励会に入会する必要があります。
そしてここで会員同士の対局をし、成績次第で昇段降段(昇級降級)していきます。
奨励会には6級から3段まであり、4段になるとプロ入りとなるわけです。
4段になるためには、3段になり3段の選手だけの3段リーグで好成績を納めなければなりません。

杉本昌隆7段は11歳で奨励会入りして21歳の時にプロ入りしています。
約10年の歳月をかけてプロになっているんです。

よっぽど厳しい世界なので、学校の勉強などしている暇がありません。

なので将棋界では学歴について言及されることはほとんどないのです!

 

家族や門下生は誰?

杉本昌隆7段の家族や門下生について調べてみました!

家族

杉本昌隆7段は現在ご結婚されており、奥さんがいらっしゃいます。

子供については、公表されておらずいるのかどうかはわかりませんでした。

奥さんの名前は”友美子”さんというようです。

 

出会いは、ファンから「健康維持、体力増強のために」と勧められたスポーツ施設でした。

そこに勤めていた友美子さんと出会いご結婚されています。

友美子さんは兵庫県西脇市出身名古屋市立栄養専門学院を卒業されており、管理栄養士の資格をお持ちです。

 

友美子さんは杉本昌隆7段の9歳年下です。出会った当時の友美子さんは26歳。杉本昌隆7段は35歳でした。

出会ってから約14年ほど経っていますし、お子さんがいてもおかしくはないですね!

もしいたらお子さんも将棋をやっているのでしょうか?

個人的なイメージですが、棋士の子供ってあんまり将棋には興味なかったりしそうなので将棋はやっていなさそうです。

やっているとすれば年齢的に現在小学生くらいですので「杉本昌隆7段の子供が奨励会入り」とかニュースになりそうですよね!

門下生(弟子)

杉本昌隆7段の門下生には、まずは藤井聡太6段ですね!

もうこれは分かっていることなので特に驚きとかはないですが、藤井聡太6段を弟子にした時に「彼をプロにすることができなかったら引退する」と覚悟を決めたそうです。

やはりそれだけの才能が藤井聡太6段には当時からあったわけですね。事実ものすごい快進撃で一躍”時の人”ですもんね!笑

 

他の有名な門下生も紹介しますね!

まずは一人目、美人すぎる女流棋士で人気の高い”室田伊緒”さんです!

現在は、28歳で女流2段。以前は井山裕太7冠とご結婚されていましたが、残念ながら?ラッキーなことに?現在は離婚されています。

井山裕太7冠は囲碁将棋どちらでも活躍されていて通算7冠で年収1億越え、通算10億のレジェンドですww

数字大きすぎてわけわかめwww

ちなみに井山裕太7冠のお写真はこちら。

イケメンだったら僕困ってましたwww

室田伊緒女流2段も写真によっては確かに可愛らしいのですが、”美人すぎる”ってほどでもないかとww

 

それでは2人目です!中澤沙耶女流初段です。

現在年齢は21歳で、名城大学の3年生です。

お写真はこちら。

やはり比べてみると室田伊緒女流2段は”美しすぎる”のかもしれません。笑

 

それでは3人目です。

こちらは男性で指導棋士をされている竹内貴浩指導棋士4段です。

名城大学将棋部の専属コーチでもあるので、中澤沙耶女流初段とは交流が特に深そうですね^^

コーチ就任2年目には将棋部史上初の全国優勝に導いているそうで、指導力は折り紙つきと評判です!

 

杉本門下としても評判は上々のようですね^^

 

ツイッターユーザーの投稿に杉本昌隆7段門下生の並び写真がありました。

左から、竹内貴浩指導4段、藤井聡太6段、室田伊緒女流2段、中澤沙耶女流初段ですね^^

今後もどんどん注目株が上がってくるのではないでしょうか!

そんな杉本昌隆7段が開いている将棋研究会は

・場所:愛知県名古屋市東区大曽根・地下鉄「大曽根」駅から徒歩10分
・日時:毎週金曜日 午後4時半~
・内容:指導対局・自由対局・大盤解説(不定期)
・料金:入会金10,000円/月謝大人10,000円、女性・中学生7,000円、小学生6,000円
・連絡先:sugimoto197-shogi@memoad.jp

という内容で開かれているので、興味のある方!子供を棋士にしたい!なんて方はどうぞ〜

スポンサーリンク


不戦敗のエピソードや理由は?

ネットで、杉本昌隆7段について検索すると、「不戦敗」というワードが出てきます。

なにかあったのかな?と思って調べてみると、さらに「インフルエンザ」というワードが出てきました。

 

どうやら杉本昌隆7段がインフルエンザかかって不戦敗とされたようです。

しかも最近の出来事だったようで、今期第76期の名人戦での出来事で2018年2月。

インフルエンザによる欠場は通常”対局延期”とされるようですが、今回は”不戦敗”とされたことで話題になっていたようですね!

不当な理由ならば杉本昌隆7段側も抗議されたでしょうが、その抗議もなかったのでそれなりの理由があったんでしょう。

ファンの間では、最初「不戦敗」ということだけが伝えられたので、「何があったんだ?!」と騒がれましたが、インフルエンザとわかり「安心した。ゆっくり快復してください。」との言葉も多かったです。

 

まとめ

藤井聡太6段と杉本昌隆7段の公式戦初の師弟対決ということで、師匠の杉本昌隆7段に注目してきました!

今後さらに杉本門下から優秀な棋士が出てきてくれることを楽しみにしましょう!

 

最後までありがとうございます☆

スポンサーリンク